ながさき家づくりのWEB

ながさき家づくりのWEB

【BLUE PRINT そとわコーポレーション】
施主のアイデアから生まれた
港を望む高台のクジラハウス

ほっと心開くような灯りに映えて美しい趣豊かな風情に心奪われる

 Oさんが希望したのは、長崎の中でも海が見える高台での暮らし。子どもが安全にのびのび遊べるようにと、心地よい中庭のある住まいが要望だったのだとか。Oさん一家と家づくりの時間を共有した〈BLUE PRINT〉は、まずデザイナーがスケッチでいくつかのプランを提案。模型なども使いながら、暮らし心地良い住まいのカタチを検討していったという。Oさんが気に入ったのは、外部へは閉鎖的でありながら、内部には空や緑、光や風を取り込んだ開放的な空間が広がる住まい。外からの目線に対して閉鎖させた建物は、まるで大きなクジラのよう。洗練されたフォルムやデザインに、カフェと間違えて訪ねてくる人もあるほど、スタイリッシュな建物が完成した。中庭からは港町の夜景も一望。「この風景が望める場所が、一番のお気に入りなんですよ」とOさん。時折、風に乗って聞こえてくる汽笛もロマンチック。海と空に開けたコートハウス「KUJIRA」は、家族の夢を乗せて、大海原を泳ぎ始めたばかりだ。

 
物件情報
家族構成3人(子ども1人)
敷地面積217.40m²(65.76坪)
延床面積110.59m²(33.45坪)
建築面積89.68.00m²(27.12坪)
施工期間約4.5ヶ月
 

資料請求はこちらから

お名前

住所
-

電話番号

メールアドレス

プライバシーポリシー

参考価格

担当スタッフからのコメント

そとわコーポレーション建築デザイナー松本 輝紀
 ご高齢のご両親と一緒に暮らすためのプレゼントハウスが完成しました。「ちょうどいい」をコンセプトに台形敷地にボックスを組み合わせたコンパクトな住宅となっています。周辺環境を把握したうえで、プライバシー確保や使い勝手に配慮し、愛着のある持込家具を想定して敢えて造り込みすぎず、すっきりと仕上げています。
Return Top